• collect

BIは賛成派です


ちょっとイキって略してみました。

少し前から耳にすることもあるでしょうベーシックインカム(BI)というもの。

政府が国民全員に最低限生活に必要なお金を支給するシステムです。

日本だと現実的に考えて月に7万円前後と言われています。

なんでそうなるかっていうと

AIの進化、普及により人の仕事が減る時代がきた時の為の生活保障という事です。

AIに仕事を奪われる!っていうネガティブな話はとりあえず置いておきます。

どちらにせよ人口減少した時に国の労働力が落ちるという事は

国力、国の経済力そのものが落ちる事に直結するので今の労働力を維持し続ける為には

AIの進化、普及は避けて通れないと思います。

そんなこれからの時代の新しい社会保障の形って事なんですけど

フィンランドでは既に2000人規模で実験中だったりインドとかでも考えられてるようで

日本はベーシックインカムはどうしていくんでしょうね。

実施するにあたり一番の問題点はその財源と言われています。

僕は国がその気になりゃあどうにでもなるんじゃないかなーって思ってます。

国民全員に生活保障を配るという事は、簡単に考えたら生活保護、年金、雇用保険とか

そこら辺の予算、組織、管理費が全部いらなくなるでしょうし、

政府が無駄に使ってる金を徹底的にクリーンにしたら相当財源出てくるでしょう!

まあ多少の増税は仕方ないでしょうけど。

あと働く意欲がなくなるんじゃないかという意見を聞きます。

では仮に今給料を月20万貰っています。

毎月7万円配られるようになりました。

わーい!仕事やーめよ!

って、いやならないでしょう。

7万貰えるようなったから月13万の仕事にかーえよ!

って、ならないでしょう。

まあそんな人も中にはいるかもしれませんけど

大体の人が27万円の生活を選ぶでしょうし、むしろ安心感しかありませんね。

心に余裕ができそうです。

逆に生活の為に働くのではなくもっと自分の為や社会の為の仕事がしやすくなり

研究者や開発者とかは開発研究に専念でき

技術の発展に拍車がかかるというようなメリットも大きいでしょう。

単純にメリットとデメリット比べたら圧倒的にメリットの方が大きいと思います。

デメリット無しの政策なんて絵空事ですしね。

今から色々な変化や進化をしていく時代の中で

ベーシックインカムはとても合理的でいいシステムだと思います。

日本でもぜひ進めて欲しいです。

そして

一つ、今の政治に対して言いたいですね。

おい!与野党の議員さん達!

モリカケ問題みたいなくだらない問答は

働き方改革して国会の時間外でサービス残業で話し合ってくれよぉ!

んで国会ではもうちょっと色々と国の為政策の話をしてくれよぉ!

そして安倍さん!早く毎月僕にお金下さい!!!!!!!!!!!!

#こばなし

33回の閲覧

Copyright ©︎2017 collect corp